So-net無料ブログ作成
検索選択

柴又100kレポ その6 [Run&にゃんず]


みなさま、こんばんわ~


本日冒頭の話題は今日も柴又100k大会レポです。

....っていうか、今日で終わらせま~す。

長い間、読んでいただきましてありがとうございました。

あと1話だけ、お付き合いくださいませ。



91~95㎞(33:25)

5:51、7:18 .

...以降、GPSウォッチ(ガーミン620J)のバッテリィー切れにより記録なし 


人間の身体っていうのは、よく出来ているもので
身体が限界を迎える前に脳が自分を守るため、
様々な偽のサインを出します。

張りや痛み、そして疲労...

あとは考え方かな...

「もう十分に頑張ったよ。このへんでやめようよ」みたいな誘惑...

色んな手段を使って、走ることをやめさせようとしてきます。

こういうサインは走れば走るほど、どのくらいの距離で疲れてく
るのか、どのくらいのペースだとしんどいのか、みたいなことを
身体と脳が覚えてきて、偽のサインは巧妙さを増してきます。

わたしは今まで走ったフルマラソンで力を出し切ったと言える大
会は初めて走った東京マラソンのみです。

あのときは、ゴール後、まったく走ることはできない、いや、歩
行さえも困難になるほど、力を出し切りました。

もちろん、あの東京マラソンですから、沿道の応援やコースのす
ばらしさってこともありますが、力を出し切れた一番の要因は身
体がまだフルマラソンに対してのダメージの加減を把握していな
かったので、偽のサインを出すことが上手くなかったんじゃない
かなと思ってます。

しかし次の横浜マラソンでは、わたくしの身体はしっかりとフル
マラソンが与える身体的ダメージを把握し、中間地点を過ぎた早
々から、わたくしに手を抜こうよって巧妙に誘惑してきました。

その手口にまんまと乗ってしまったわたくしは、ゴール後、かな
りの余力を残すという、まったく不甲斐ない成績に終わったので
した。

そしてその後も、脳の出す偽のサインとの戦いは続きました。

マラソンにおけるメンタル面での闘いは、この脳が出す偽のサイ
ンとの闘いとも言えるのではないかと思います。

特にわたくしの場合、自己防衛本能が優れているようで、脳の
誘惑に負けてしまうことばかり...

フルマラソンを走ったあとの帰路や翌日....
自分でも驚くほどダメージが少なく元気なことが多く、
もっと頑張れたなぁ~っていつも後悔します。。

来シーズンのサブ3達成に向けての課題....
一番は脚攣り防止ですが、
二番目はメンタル面での自分の脳に勝つということだと
思ってます。


今回の柴又100kの目標...

タイム的なことでいうとサブ10なのですが、
状況的なことでいうと、力を出し切るってことを目標にしていました。

もしかすると天候などに恵まれずタイムが伴わないかも知れないけど、
自分の力を出し切ることが出来れば満足だなと思ってました。


***


85㎞過ぎで、ふくさんの奇跡の応援を受け、
元気を取り戻すことが出来たわたくしは、
その後、走っているときはキロ6分前後のペースまで
回復しました。

しばらくはいい調子で走れていましたが、じきに段々と
疲れを覚え、また足取りも重くなってきました。

ヤバい... まだ10㎞近くあるのに、もう限界??

そんななか、次のオアシスが見えてきたのでありました。


次のオアシス...

それは90㎞付近にある武蔵野線、三郷駅周辺。

ここは柴又100kのコースの中で一番駅に近い応援ポイン
トになります。

ゆえに応援の多さもコース中、随一。

ここでも知っている方の応援を探しに...

武蔵野線のガード下のちょい手前にエイドがあります。

そのエイドを通り過ぎてすぐのところで、カオナシに
仮装している、トヨチンさんを発見っ!

往路も早朝にも関わらず、元気に応援をしていただい
ていましたが、復路も相変わらず...というか、復路では
私設エイドまで開業していて....

それまでヘロヘロな歩みでありましたが、
トヨチンさんを発見したら嬉しくなって、
5割増しくらいにペースアップしてトヨチンさんのとこ
ろへ駆け寄りました。

これがその時の写真。(写真提供:トヨチンスポーツ)
IMG_1195.JPG

ねっ、なんだか嬉しそうでしょ。

そして駆け寄ったとたん、

「もうヘロヘロ~....」なんて弱音を吐いてしまいました。。


でも、誰かに愚痴を言ってすっきりすることがあるように、
走っている最中に応援してくれている知り合いの方に、
弱音を吐くことですっきりして、元気を取り戻す...みたいな
そんな感じでありました。

そして一緒に応援して頂いている方からタブレットを頂き、
トヨチンさんからはポカリのゼリーを頂き、こちら
でも貴重な補給をさせていただきました。

トヨチンさん、そして一緒に応援されていた方々、
本当にありがとうございました!!

おかげさまで心身ともに元気を頂きました。


でも再び走っていく後ろ姿はちっとも元気そうに見えないけどね(笑)
IMG_1196.JPG

(写真提供:トヨチンスポーツ)


そして武蔵野線の橋の下あたりには、
ゴッドマザーとゴッドマザー妹がいました。

ここではレッドブルを紙コップで1杯飲んで、
マグネシウムスプレーの交換と
クーリッシュをゲット。

前の記事にも書きましたが、疲れてくると
甘いものと冷たいものがとても美味しく感じる...

あの時のクーリッシュは本当に美味しかった~。


こうしてラスト10㎞を走り切るための補給を行い、
90㎞地点の計測地点を過ぎ、いよいよラストランに
入りました。

時計をみると、サブ10に対する貯金は約23分。

...ということは、10㎞を83分以内に走ればOKとい
うことになります。

普段なら超余裕なのですが、100キロマラソンでは
油断大敵...

残り10㎞をすべて歩くと全然無理ですからね。

まだまだ微妙な状況だぞって自分に言い聞かせながら
走りました。


いまや大会に出る時には、今走っているペースや
所要時間などを確認するために、GPSウォッチは
なくてはならないものになっておりますが、
今回の柴又100kでは走っている途中にバッテリーが
切れることは確実でした。

去年は75キロ付近で切れましたが今年は何キロまで
持つか...

出来るだけ長くもって欲しい...

そのためには自分が速く走ればいいじゃん...

まあね、それは分かっていますけどね...


ちなみにこれを機にバッテリー持続時間が長い、
新しいGPSウォッチを購入するという案もありまし
たが、バッテリーの持続時間に不満があるのは100キ
ロ走るときだけであり、この1回のためだけに買うの
はもったいないなと思い、購入は見送りました。

バッテリーが切れたらあとはGショックで時刻を見て
サブ10リミットの16時30分に対し、あと何分でゴー
ルすればいいって計算すればいいじゃんって。

どうせ後半なんか速くは走れなくなっていて、
細かいペースなんかどうでもよくて、歩かないでゆっ
くりでも走っていればサブ10いけるぞみたいな状況
になると思ってました。
(実際、その通りでした)

今回、わたくしのGPSウォッチは予想以上に頑張っ
てくれて結局、92キロ過ぎまで働いてくれました。

これだけ長く働いてくれたのもサブ10を目指すわたく
しにとってはすごくラッキーでした。


残り10㎞を切ると、周りのランナーさん達の様子もは
っきり分かれます。

疲れてヘトヘトな様子のランナーさん達が7割くらいかな。
(大半は60キロの部に出場されている方々。
 100キロの部の人はまばらでした。)

残りの3割の方々は淡々とペースを刻んでいる。

さすがに元気にペースアップしていく方はいなかったな。。

もちろんわたくしはヘトヘトな分類でした(笑)



96~100㎞(36:09)


95キロの計測地点を過ぎるといよいよ残り5キロ。

あと50分で5キロ進めばよかったので、
さすがにこの時点ではサブ10はほぼいけるだろうと
思いました。

ただ身体も脚も疲労度はマックス。

なんとか腕を意識的に振ることで脚が前に出るように
していましたが、本当にもうこんな辛いこと、今すぐ
にでもやめたい... これは拷問と言ってもなんら異論
ないよな...とか... そんなことを思いながら走ってい
ました。

とにかく早く終わらせたいから歩くよりも走る...

そんな感じでした。

ただ最後の未舗装区間はブツブツの突起物がある上を
素足で歩くのと同じような刺激が足裏を襲い、
未舗装区間の半分程度は歩いてしまったのですけどね...

行きとは比べ物にならないほど長く感じた未舗装区間を
抜けると、いよいよゴールは間近。

応援してくださる人の数も増えてきました。

みなさん、暖かい声援をくれるのですが、
自分はもう疲れ切っていて、ちゃんと応援に応えられま
せんでした。。 すみません。。

「ああ、やっと帰ってきたんだ」って実感したのが、
河川敷に白い更衣室のテント群が見えてきたとき。

そのテントがぐんぐんと近づいてきて、川沿い堤防上部の
道から河川敷に降りる坂を下って、いよいよフィニッシュ。

坂を下っていくあたりから、この100キロを走ったことが
いろいろと思い出されてきて、なんだか感情の波を制御で
きずに目がウルウルとしてしまいました。

「ああ、サングラスをしていて良かったな」

....なんて、そんなくだらないことを考えながら....

柴又100kはゴールテープを切る前に、ゼッケン番号から
判別して、選手の名前をアナウンサーの方が紹介してくれます。

わたくしもゴールテープを切る前に、

「ゼッケン番号 1×××番、●●さんです」って紹介いただき、
感動のゴール。

とてつもなく苦しい10時間弱の闘いがやっと終わりました。

ゴール後に思ったこと。

①もう走らなくていいんだ。嬉しい。

②サブ10達成出来て、超嬉しい~

③もう100キロマラソンは走らない!!
 辛すぎる。。

こんな感じでした。

完走メダルを首にかけてもらい、ポカリをいただき、
その場で一気に飲み干して、ゴールゲートから出ると
ゴッドマザーとゴッドマザー妹が待っていました。

もう歩きたくもないくらい疲れていたので、
折り畳み椅子を一脚確保し、そこにドサッと座ると
もう動けなくなりました。

レッドブルを飲みながらゴッドマザー&ゴッドマザー妹に
デオドラントシートで脚や腕やらを拭いてもらい....

本当に身体がまともに動かなくなってしまったので、
着替えて会場を去るまでにゆうに30分以上かかりました。

それもゴッドマザー&ゴッドマザー妹の介護付きで。。

ほかのみなさんはおひとりですべてのことをやっていて
えらいなぁ~と思いました。


もうヘトヘトだし、脚もまともに動かないし...でしたが、
怪我や故障しているってことはなかったし、身体も内臓
などが著しくやられているってこともなく...

実に久々に大会で正常に力を出し切ったって感じで、
サブ10達成とともに出し切ったことに満足しました。


....
.... 
以上、柴又100kレポでしたが、
いかがでしたでしょうか。

フルマラソン以上の距離を走る大会を、
「ウルトラマラソン」と呼んでいますが、
60キロや70キロもたしかにしんどい...

でも100キロは本当に異次元です。

辛さの程度というか次元がまったく異なります。

去年と今年の2回、100キロを走ってみてよく分かりました。

次元が違う...っていう理由のひとつは練習で走れない..って
いうことも大いに関係すると思います。

60㎞くらいなら一人で練習ってことで走ることはまだ可能。

でも100キロはちょっとね。

よくフルマラソンのためのロング走の練習ってことで
30キロ走をみなさん、やっていますが、それってフルマラ
ソンの距離に対して7~8割ですよね。

じゃあ100キロの練習も70~80キロ走る?っていうと、
そこまでの距離はちょっと...
やっぱ、せいぜい60キロくらいなんですよね~。

逆算すると60キロって80キロの7~8割じゃないですか。
なので、100キロの大会って80キロ過ぎくらいから、
疲れがドッと押し寄せ、辛くなるっていう感じかな。

100キロ走るって基本的には本番のレースでしか体験
しないことだから、出場回数が少ない人ほど、後半は
地獄の苦しみを味わう...ってことかも知れません。


でも、100キロ... 

タイムじゃなく、とりあえず完走を目指すなら、
サブ4くらいの実力があれば達成可能なのかな。

辛さはハンパじゃないけど、得られるものもハンパなく
大きい... もしかすると人生観も変わるかも知れない...

そういうレースなので、一度、チャレンジされるのも
いいんじゃないかと思います。


あと、100キロはフルマラソンとはまったく別物で練習なども
別なことをやる必要があるし、相関性もあまりない...なんてことも
聞きますが、少なくてもわたくしはそうは思いません。

今回、100キロ走って確実にスタミナはアップしましたし、
メンタルも強くなりました。

そして脚が強くなったせいでしょうか、速さもアップ
したように思います。

ドラクエでいうと、かなりの大物を倒したってことで
レベルが1じゃなく、3くらい一気に上がった感じ。。

来シーズンのフルマラソンに備えた練習の一環ってことで
100キロを走るのもいいんじゃないかと思います。

「じゃあ来年も柴又走るの??」

ん~

ゴール直後みたいに「絶対に走りたくない」ってことは
ないのですが、でもどうかなぁ~。

まあ、そのときの気分次第ですね~。

でもいつかはサロマを走ってみたいとは思います。

その時はもちろん、さらなる記録狙いで(笑)


最後に、今回の柴又100kでサブ10を達成できたのは
当日、沿道で応援してくださった方々、一緒に走った
ランナーのみなさま、そして当ブログにご訪問いただき
暖かいコメントを頂いたみなさま...
たくさんの方々の支えがあったからこそであります。

本当にありがとうございました!!

今はどちらかというと、サブ10達成のうれしさの余韻に
浸っている状況ですが、ぼちぼち、来シーズンのサブ3
達成に向けた練習を本格的に開始していくつもりです。

今後も引き続き、マラソンのほう、精進していきますので
今後ともよろしくお願いいたします。




では本日のにゃんずの話題を....


今年の梅雨時期... 

今のところは空梅雨気味ですね。

週間天気予報では雨予報だった週末もいつの間にか
晴れ予報に変わってしまいましたね。

気温も高くてすでに夏が来ちゃったようですね。


本来なら梅雨の前半はこんな感じで、
どんよりしたお天気になって....
IMG_4364.JPG


....で、本当に雨でも降ろうものなら、肌寒いくらいに...
IMG_4366.JPG


そういう天気を期待しているのですが、なかなか...

圭太くんはどう? 最近、暑くない?
IMG_4373.JPG


まあ、ちょっとくらい暑くっても、
惰眠むさぼっていれば、あんまし気にならないよねぇ...
IMG_4377.JPG


温度が気になるのは仕事している時が一番かなぁ。

遊んでいる時は、それほど気にならないです。

猫は仕事してないから、それほど気にならない...って感じかな。


※もうちょっと雨が降ってくれたほうがいいんじゃないかと思いますが、
 予定が入っている土日は雨は降って欲しくないって思う、我がまま者
 であります。


***************************************
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
これからもみなさまがくすっと笑えたり、癒されるような記事をアップしていきますので、
また遊びにきてくださいませ。


※コメント欄...いつも開けておくようにしますが、
 ただいま、お仕事やランニングで時間をとられることが多く、
 コメ返しはあんまりできそうにないです。申し訳ございません。
 でも頂いたコメはゴッドマザーとともに楽しく拝見しております。
 逆にいつもコメ欄を開けておくからといって、毎回、コメを書いて
 いただかなくても大丈夫です。毎回じゃ大変だと思いますので....
 なんか言いたいぞ~、同感だぞ~とか、書きたいと思ったときだけも...
 もしそれが毎回ってことであれば、それはそれで書き手として
 すごく光栄なんですけどね~。
 まあお互い、義務じゃなく、楽しんでやれるのがいいなぁ~と
 思っております。 
 ...ということで、これからもよろしくお願いいたします。(2015/6/6 記)


※仕事やランニングで時間がなく、みなさまへのご訪問が遅れたり
 変則的になったりということも多々あるかと思います。
 でも時間がとれたときは、みなさまのところにご訪問に伺い、
 記事を拝見し、楽しませていただいております。
 色んなジャンルの様々な切り口の記事や写真を見るのは
 とても面白いし、刺激になります。
 これからもよろしくお願いいたします。


☆ランキングに参加しています。
 よろしければ、下の「アメショー」をポチっと応援、お願い致します。
 「にほんブログ村 猫ブログ アメショー」のページにとびます。
 とぶことにより、「圭太とノエル」ブログが、10ポイントGetです。
                   ↓新規ウィンドウ(別窓)を開いて飛ぶ場合はこちらのバナーを!
  にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ       にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ (どっちでもポイント入りますのでお好みで..)




★アメショー、カメオタビーの父、圭太、シルバータビーの母、ノエル、
 シルバーパッチドタビーの姉、アルテミス、シルバータビーの弟、ニケの
 4にゃん家族を今後ともよろしくお願いいたします。

nice!(122)  コメント(33) 

nice! 122

コメント 33

cyoko1112

こんばんは。
100kmマラソンお疲れ様でした。
そして「サブ10達成」おめでとうございます。

やっぱり応援は最大の「力」になるんですね。
by cyoko1112 (2017-06-11 21:30) 

ようこくん

ゴール後に思ったこと3つ

本当にその通りなんだろうなぁ~と思いながら拝見しました。
刻々と変わる気持ちや体の状態
ゴールの瞬間は、次のことなんか考えられないですよね。

介護されながらというところが、いかに大変なレースだったかを
物語っていましたね。
by ようこくん (2017-06-11 22:02) 

green_blue_sky

相当の距離を走っているのだから、背中は疲れて気力で走っているのでしょうね。
猫たちは長距離を走りませんね(笑)
うちのミケ、膝の上がお気に入り、猫あんかが熱すぎます。
寒がりになったのか、暑いところにいます。
by green_blue_sky (2017-06-11 22:12) 

みぃにゃん

一番キツいときに声援と差し入れは有り難いですねやはり応援って大事だな~とつくづく思いますね
by みぃにゃん (2017-06-11 22:25) 

ふく

ニッキーさん、レース&レースレポもウルトラへ向けての練習もお疲れ様でした!サブ10おめでとうございます!!ホントにおめでとうございます!!
100キロを完走そしてサブ10するには練習と戦略が必要だと、ひしひしと感じさせられました。85キロ走ってきたとは思えぬ爽やかさでしたよ^^私が100キロに挑戦する時は練習など参考にさせて頂きます(柴又はやっぱり辛いコース、最後の砂利は脚にきますよね・・・)感動を有難うございました!次のサブ10挑戦も応援しております♪何処かのレースでご一緒出来る時は改めてご挨拶させて下さい、しばらくゆっくりされて下さいね。

by ふく (2017-06-11 22:35) 

kiki

ニッキーさんのおかげで、
サブ3・サブ10などが分かるようになりました。
こうなるとサブ3を是非是非達成してください。
by kiki (2017-06-11 22:44) 

ma2ma2

久米島から帰ってきました!
梅雨の沖縄2日とも晴れで晴れ男パワー発揮しました(^^)
by ma2ma2 (2017-06-11 23:32) 

toshi

長距離走は、自分の精神との戦いでもあるんですね。
いつも、よく頑張っておられますね。
by toshi (2017-06-11 23:44) 

えーちゃん

100キロだと車で移動するのも結構時間かかるに~
お疲れ様でした。
by えーちゃん (2017-06-11 23:59) 

ゆきち

苦しいレース中に突如カオナシが現れる、衝撃的な光景ですね(^▽^;)
笑顔のお写真、余裕たっぷりに見えますよ~♪
梅雨入りしてから雨は1日だけ。
ジメジメは苦手だけれど空梅雨も困りますね。
by ゆきち (2017-06-12 00:21) 

うめむす

簡単に、100㎞マラソン完走おめでとうございます、
と言ってしまっていましたが、
全レポートを読み、改めていかに凄まじいレースだったかが、わかりました。
改めまして、目標達成おめでとうございます!

by うめむす (2017-06-12 01:45) 

yamatonosuke

たいへんお疲れ様でした^_^
次はサロマだなんて鉄人過ぎます〜
by yamatonosuke (2017-06-12 01:52) 

sumi-cyan

圭太くんの肉球触りたい…(o^^o)♪
きっとプニプニしているんでしょうねぇヾ(*´∀`*)ノ
by sumi-cyan (2017-06-12 03:32) 

ふく

お早うございます。次の挑戦サブ3の間違いでした。訂正してお詫び申し上げます(;'∀')
by ふく (2017-06-12 08:12) 

hatumi30331

あたらめまして・・・・
100キロマラソンお疲れさまでした。
しんどい時の応援は嬉しいですね。
私も応援に徹したいと思います!(笑)
近場のマラソンですが・・・へへ;


by hatumi30331 (2017-06-12 09:09) 

ソニックマイヅル

おはようございます。私の場合は間違いなくアスファルトにうつぶせでございます。^^;
by ソニックマイヅル (2017-06-12 09:27) 

koh925

「限界への挑戦」、言葉を書けば僅か6文字ですが、厳しい挑戦
でしたね、おめでとうございました
生涯の想い出に残ることでしょう、それにしても凄いです(脱帽)

by koh925 (2017-06-12 09:28) 

ぼくあずさ

脳裏に去来する誘惑と戦いながらの100㌔走の後半の記述、
興味深く読みました。
Liebe Gruesse,
ぼくあずさ
by ぼくあずさ (2017-06-12 10:35) 

muku

やっぱり脚の筋肉が凄いですね。
走りこんでるのが分かります。
しっかし、脳のサインって凄いんですね。
最初から負けてしまいそうです・・・わたし(^-^;
by muku (2017-06-12 11:37) 

くまぱんだ

完走サブ10おめでとうございます(*^o^*)
100Kの間に色んなドラマがあって、ハラハラドキドキ(?)
楽しく読ませて頂きました~(笑)
100K10時間って…(気が遠くなる)…凄すぎです!!
お疲れ様でした☆彡
by くまぱんだ (2017-06-12 11:37) 

raomelon

柴又100k完走、サブ10達成
たくさんの方々の支えがあってこその結果ですね^^
改めましておめでとうございます^^
by raomelon (2017-06-12 11:41) 

ぼっこ

本当にお疲れ様でした。
100kmは、凄すぎます!
想像が出来ない過酷さに挑戦する心意気に感動ですV(^_^)V
by ぼっこ (2017-06-12 12:02) 

追いかけっ子

100キロは大変ですよねえ。。
しかも完走!おめでとうございます(*^-^*)
私の記憶では5日くらいは階段の上り下りがすっごい大変だった記憶が。。
さあこれで準備は整った!って感じですね♪
by 追いかけっ子 (2017-06-12 12:43) 

ちぃ

確かにヘロヘロっぽいけど(笑)充実した笑顔が眩しいお写真ですよ♪
アスリートがよく口にする「メンタルの強化」とは
自分の脳の出す偽信号と戦う為に精神力を鍛えること・・・
う〜ん、深い。
どういう事なのかはニッキーさんのレポートでとっても良く納得できました。
疲れた体にクーリッシュ、シミうま〜でしょうね(^o^)
渾身の大作レポート、お疲れ様でした^^
by ちぃ (2017-06-12 13:15) 

morichan

完走、おめでとうございます!!
自分の頑張りもさることながら、やはり仲間の存在も大きいのだなぁ、とづくづく感じました。
ゴール後の感想で、100キロマラソンは走らない!とありましたが、
あともう1回ぐらいなら……と、再トライしそうな気も……(^^♪
by morichan (2017-06-12 14:01) 

little_me

うんうん、なるほどなるほど・・・と大変興味深く読ませていただきました。
100キロ走るだけでもすごい事なのに、サブ10達成
本当におめでとうございます!

by little_me (2017-06-12 14:45) 

アルマ

最後の方はやはり心持ちも大切になってきますよね・・・
あきらめの誘惑、わかるような気がします(^_^;)
by アルマ (2017-06-12 15:37) 

viviane

応援があってこそ頑張れる・・・ホントそうでしょうね
100㌔と字で書いてしまうのは簡単ですが、走るとなると異次元の世界
奥様も心配だった事と思いますよ
お疲れ様でした
by viviane (2017-06-12 16:42) 

caveruna

100キロなんて、車で走る距離っすよ(笑)
すごい!お疲れ様でした^^
by caveruna (2017-06-12 17:35) 

みうさぎ

へろへろでも頑張りましたやったねっ

by みうさぎ (2017-06-12 17:58) 

makkun

「若し、自分だったら・・」と想像を巡らせてみました・・
身内の女房と女房の妹の応援と援助に
涙は枯れる事無く流れていたでしょう・・
文字には書けない程の感激を味合わさせて戴きました~
本当にお疲れ様でした~d(*^o^*)b
by makkun (2017-06-12 20:03) 

liang

去年野辺山71キロ走って
そのあと道マラが楽に走れた気がしました。
距離感が麻痺するのかな?
でもそのあとのぐんまは、やっぱり長く感じたので
脳が修正しちゃったのかも、です…(^_^;
by liang (2017-06-13 09:40) 

nikki

100キロマラソンの10時間切り 
サブ10おめでとうございます。
42.195キロでもすごいのに、100キロマラソンなんて異次元です。
本当にお疲れ様でした。
by nikki (2017-06-13 21:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。